HAND-MARBLED PAPER

7. Epilogue

La marmorizzazione della carta non è solo una tradizione fiorentina,

ma è un patrimonio di una buona parte del mondo,

partendo dalla Cina, al Giappone, alla Turchia e in tutta Europa.

マーブル紙7・エピローグ

マーブル紙をフィレンツェ紙と呼ぶのは誤りだと冒頭で述べた。マーブル技法は、製紙法が発明された中国で考案され、日本には遣隋使、遣唐使によりもたらされた。「墨流し」と呼ばれ平安時代の作品に見られる。西方へは、商人によりトルコまで伝達し「エブル」という独自のスタイルで開花する。欧州へは、15世紀のオスマントルコ勢力拡張期に波及した。フィレンツェ紙という名称は、高度経済成長期に観光業と輸出業を中心に、言葉の響きと町のイメージから世界市場への宣伝効果を狙って呼ばれた名残だ。実際には今もイタリア全国、欧州全土、世界中で行われている。欧州では、美術製本の伝統が残っている英国、フランス、スイスにマーブル職人がより多く存在し、フィレンツェ観光土産としてのマーブル紙というイタリアでの認識とは明確に異なる。

12pettine

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s