GOATSKIN

仔山羊革オブジェの耐久性

ブラスボックスと同じ緑色の英国シャグラン(表面をざらりとした感触に仕上げた仔山羊革のこと)の裁縫箱(左写真、10年使用)の写真を載せた際、どの程度長持ちするかと質問を受けた。答えは、使い方と保存環境にもよるが、上質の仔山羊革で作られたものは、数世紀の保存に耐える。常日頃、数世紀前の本やオブジェを修復しているし、自宅にも代々継承され今も現役の物がある(右写真は暗くて見えにくいが、緑シャグランの書類箱、19世紀初頭)。2百年余り経過すれば当然、手を触れる部分や角が摩擦で傷んでくるが、きちんと修復して、大切に使えば、また百年、2百年もつだろう。そう考えると、数か月で壊れてしまう廉価な量産品より、何世紀ももつ特注品の方が、ずっと経済的なことに気が付く。

pcan1ph18

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s