artists and artisans

INFORMATION

EXHIBITION “LEONARDO DA VINCI E MICHELANGELO”

MITSUBISHI ICHIGOKAN MUSEUM, Tokyo, Japan.

Sat.17/06/2017 – Sun.24/09/2017.

http://mimt.jp/english/

『レオナルドXミケランジェロ展』

東京、三菱一号館美術館にて

2017年6月17日(土)~9月24日(日)開催

http://mimt.jp/

http://mimt.jp/lemi/

smdf5

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

ARTISTIC INSPIRATION

Excellent craftsmanship.

Master of SCAGLIOLA “BIANCO BIANCHI”, Florence, Italy.

Collaboration coming soon.

https://artemest.com/artisans/bianco-bianchi

新作予告 ビアンコ・ビアンキ+アトリエGKコラボ作品

フィレンツェ伝統芸術スカリオーラSCAGLIOLAは、仕上がりの印象が

石モザイクに若干似ているが、テクニックは全く異なる。

スカリオーラ作品の作業工程と、モザイク作品との違いが良く分かる必見映像。

bb17

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

NEWS

ATELIERGK FIRENZE on ARTEMEST

https://artemest.com/artisans/ateliergk

Contact us for further information about our collection.

Special thanks to OMA Firenze and ARTEMEST Milano.

イタリア全国から職人作品を集めたミラノのARTEMESTにアトリエGKが加わりました。

コレクションに関する詳しい情報は、アトリエにお問い合わせください。

agkfi.fotoprofilo

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

RECENT OBSERVATION BIS

専門分野が異なっても意気投合する芸術家に時々出会う。後世に残る美しい作品を創る、丁寧な良い仕事をする、という基本精神で繋がっているからだろう。ファッション業界で活動するデザイナーは、有名ブランドのデザインをして経済基礎を固め、その資金で自分のコレクションを展開している人が多く、よって彼ら自身も職人であり、ミクロ企業の苦労を知っている、だから話が合う。現在仕事をしている海外のデザイナーもその一人だ。彼曰く、資本主義社会における大企業の極度の利潤追求や非人道的な労働力搾取に疑問を抱いている若い世代の中小企業経営者は多い。新しい動きとして、高い技術をもつ伝統芸術の職人と共同でヘリテイジ・コレクションの試みも増えている。今回の仕事は箱制作だが、将来的に、宝石・金・革を使用したコラボレーション構想が浮上した。実現してもしなくても、価値観を共有できる同世代の芸術家、良識あるビジネスマナーをわきまえた若い企業家に出合うと、ほっとする。

fi9

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

RECENT OBSERVATION

現在、海外のデザイナーの依頼で、箱を数百個制作している。パッケージ用の箱とは言え、凝った構造で、パーツ裁断から名前箔押しまで完全手作業で行うため、決して安価ではない。彼らの主要輸出国である米国でイタリア製の付加価値は高く、生産をポルトガルからイタリアに移したそうだ。ポルトガル製の箱を見せてもらった折、業者価格を聞いて驚いた。イタリアで求められる価格より何倍も高いのだ。いかなる職人技も、ポルトガルでは正当に評価され、それに応じた報酬が与えられることを知った。イタリアでは夢のような話だ。今まで伊国内企業から箱の制作依頼は数多くあったが、極度の利潤追求による低価格要請と、下請け企業の過酷な労働条件が大前提で話が始まるので、話にならなかった。完全手作業でごく少量制作する特注品に対し、材料費も出ないような、機械大量生産以下の低価格を要求される。イタリアは、芸術と職人の国というイメージを世界にアピールしているわりに、ファッションと食品業界だけが重視され、その他の分野の高い職人技は軽視、酷使されている。大企業による小・ミクロ企業の労働力搾取と、ネームヴァリューに弱い消費者の無知とが相まって、本物の職人が激減し続けているイタリアの厳しい現状と矛盾を、海外の人々に知ってもらいたい。

box1

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

FLORENTINE CHRISTMAS LOG

Brief introduction

The origin of the Florentine Christmas Log dates back to the Middle Ages. It was a custom mainly among farmers. Initially they were simple tree trunks collected from the woods. The best one was then put on the fire to burn on Christmas Eve. If it was still burning on the morning of the 25th, it was considered a sign of prosperity for the coming year.

In time, tradition changed and it became common to construct the pyramidal framework which we know today. It was made up of three poles, four pine cones and triangular shaped shelves. These were then decorated with ribbons and dried fruit. More elaborate ones were embellished with toys, dates, pieces of panforte and the Nativity Crib was displayed on the lowest shelf.

Half way through the 19th century it disappeared, but thanks to the English community resident in Florence, it reappeared briefly in the 20th century.

The Florentine Christmas Log is a symbol of unity, family, strength and positivity.

Photo: Custom hand-crafted Florentine Christmas Log by Maestro Omero Soffici.

Special thanks to Jane Harman.

https://www.instagram.com/jane.h.restoration/

https://www.instagram.com/woodncut/

ceppo8

ceppo1ceppo4ceppo6ceppo3

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

CEPPO FIORENTINO

チェッポ・フィオレンティーノ

フィレンツェの農村部で発祥。起源は中世まで遡る。農民の間に始まった慣わしで、原型は大木の切り株だった。重要な年中行事で、数か月かけて森で立派なものを吟味し、親戚一同で話し合い、よりすぐりを決定する。イヴの夜、暖炉に入れて点火し、翌朝まで火が灯っていたら、翌年は豊作、健康安全、子孫繁栄、幸運を意味した。

やがて都市部に伝わり、時代と共に形状変化する。3本の棒をピラミッド状に立て、三角形の台がつき、頂点と底点の4カ所に松ぼっくり形の装飾という現在残っている構造になった。リボンや蝋燭で飾られドライフルーツが置かれた。裕福な家庭ではより豪華で、玩具や高級菓子、面積の広い最下段にプレゼピオが置かれた。

19世紀頃までに徐々に忘れられ、北欧伝来のクリスマスツリーが主流になった。20世紀初頭、英国人歴史家が英国雑誌にチェッポに関する記事を書いたことから、当時フィレンツェ在住の英国人コミュニティを中心に一時的に関心が高まるものの、定着しなかった。

チェッポは融合、団結、家族の絆、力、善の象徴であり、フィレンツェ人の生活に欠かせない冬の風物詩だった。今日、チェッポ・フィオレンティーノを知らないフィレンツェ人は多い。アトリエでは今年も伝統を守り12月8日から1月6日までチェッポを飾る。このふたつのキリスト教の祝日に挟まれた期間が、伝統的に正式なクリスマス祭の期間である。貴い伝統文化を見直すきっかけになりたいと願っている。

写真:木彫り芸術のマエストロ、オメロ・ソッフィチ氏の作品。

ceppo8

ceppo1ceppo4ceppo6ceppo3

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

CEPPO FIORENTINO

Cenni storici

Le origini del CEPPO FIORENTINO risalgono al medioevo. Era una usanza principalmente contadina. Inizialmente erano dei semplici tronchi d’albero cercati nei boschi. Una volta scelto il migliore, veniva messo nel caminetto alla Vigilia di Natale. Se la mattina del 25 dicembre ardeva ancora, era segno di prosperità per l’anno nuovo.

Nel corso del tempo si trasforma nella struttura piramidale che c’è ancora oggi, composta da tre pali, quattro pigne e piani di forma triangolare. Venivano addobbati con festoni e frutta secca, mentre per quelli più preziosi venivano arricchiti con giocattoli, datteri e pezzi di panforte, insieme al Presepio allestito al piano inferiore.

Nella metà del XIX secolo scompare, per poi ritornare all’inizio del XX secolo anche se per un breve periodo, grazie all’interessamento della comunità inglese residente a Firenze.

Il ceppo è simbolo di unità, famiglia, forza e positività.

foto: Ceppo Fiorentino intagliato, dorato e colorato a mano da Maestro Omero Soffici.

ceppo8

ceppo1ceppo4ceppo6ceppo3

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

PRINTED PAPER

プリント紙7・続々エピローグ

歴史を学ぶことが大切な理由は主に二つあると思う。第一に、人類の過去の過ちを繰り返さないため(戦争の過ちは続いている)。第二に、人類の歴史を知ることで他の民族や文化への理解が生まれるため。高校までに習う歴史は試験のために覚える意識が先行し、私は歴史を学ぶ意味をきちんと理解していなかった。西洋の文学や絵画について学ぶうち、ギリシア神話とキリスト教(聖書)と歴史の知識の大切さを理解した。諸国が陸続きの欧州を初めて旅した時、あらゆる史実は個々の点ではなく、全てが目に見えない線で繋がり、現在も脈々と流れていることを明確に理解した。昔歴史の授業で習った史実や年号が、地図のように整然と頭の中に浮かび上がった。印刷の歴史もまた、様々な要素が密接に関わっている。製本や紙修復に携わる人間は、製紙、紙装飾、印刷、出版、製本の歴史から美術、宗教、政治の歴史まで(修復では化学も)、幅広い知識がないとプロとして不十分だと思う。

libro2

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/