atelier

FROM FLORENCE

日本滞在をふりかえって

先週、無事に日本からフィレンツェに戻りました。大阪阪急うめだ本店のイタリアフェア会期中には、地元大阪をはじめ、京都、奈良、名古屋、岡山、東京各地から、多くの方々が駆けつけてくださいました。心からお礼を申し上げます。また、京都と東京滞在中には、皆様から心温まる手厚いおもてなしを受け、身に余る親切に感激しました。忘れ難い思い出となりました。こうして周囲の多くの方々に支えられて、厳しい芸術の世界で活動を続けられることを決して忘れず、今後も謙虚に努力を続けていきたいと思います。

DSC09104

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

Advertisements

NEWS

イタリアフェア2017

大阪の阪急うめだ本店 http://www.hankyu-dept.co.jp/ にて11月1日(水)から7日(火)まで開催される「イタリアフェア2017」にアトリエGKが参加します。AGK初のトランクショー、作品の展示販売、革製インテリアオブジェ制作と書籍修復の実演、書籍修復の講演を予定しています。会期中アトリエの革製品を購入いただいた方には、無料でイニシアルのエンボスおよび箔押しを行います。皆様のお越しを、心からお待ちしています。

Special thanks to http://www.bottega-esse.jp/ https://www.facebook.com/Bottegaesse/

agkfi

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

TRUNK SHOW IN JAPAN

ATELIERGK FIRENZE invites you to our Trunk Show in Japan.

We will also give a brief speech on book conservation and restoration,

demonstrations of leather objects creation, foil letterings and book conservation.

We are looking forward to seeing you in Osaka.

ITALIA FAIR 2017

1st – 7th November 2017

HANKYU UMEDA, OSAKA, JAPAN. http://www.hankyu-dept.co.jp/

DSC08269

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

AGK’S TRUNK SHOW

インテリアオブジェのトランクショー

トランクショーは、オーダー服と靴の職人が何年も前からしているが、インテリアオブジェ、美術製本、修復のトランクショーは聞いたことがない。だからこそ、他の人がしないことを誰よりも早く私たちがしたい、と以前からパートナーと話してきた。しかし、本拠地フィレンツェの工房を休業して海外でトランクショーをするだけの経済力と知名度が足りないという自覚も十分あり、どうすれば強力なスポンサーを得られるか(これは不可能に等しい)、どうすればAGKブランドのネームヴァリューを高められるか(これも自力では難しい)ということを、常に考えてきた。阪急うめだのイタリアフェアの実演参加が決まった時、私たちの作品を扱っていただいている日本の会社の方に「インテリアオブジェのトランクショーをしたいです」と勇気を出して相談した。却下されるだろうと思っていたら「許可が出たのでやりましょう」との朗報に飛び上がった。長い間心の中で温めてきた夢が少し叶う。出発に向け準備は終盤。

Special thanks to http://www.bottega-esse.jp/ https://www.facebook.com/Bottegaesse/

DSC08270

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

NEWS

大阪の阪急うめだ本店 http://www.hankyu-dept.co.jp/ にて11月1日(水)から7日(火)まで開催される「イタリアフェア2017」にアトリエGKが参加します。AGK初のトランクショー、作品の展示販売、革製インテリアオブジェ制作と書籍修復の実演、書籍修復の講演を予定しています。会期中アトリエの革製品を購入いただいた方には、無料でイニシアルのエンボスおよび箔押しを行います。皆様のお越しを、心からお待ちしています。

桑田宝子 ラポ・ジャンニーニ

Special thanks to http://www.bottega-esse.jp/ https://www.facebook.com/Bottegaesse/

agkfi

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

CREATION PHILOSOPHY

材料のこだわり

美術製本とインテリアオブジェ制作という今の仕事を始める前、修復だけをしていた十数年前まで、私にとって紙は、和紙も洋紙も、文房具店か画材店で購入するものだった。紙職人から直接購入することを考えたことはなかった。それが、修復よりも作家の個性が問われる、より創造的な職に携わるようになり、作品に使う材料一つ一つの選択の重要性を学んだ。多様な材料の生産者を時間をかけて調べ、今も常に開拓している。その知識と人脈も、貴重な財産だ。紙は製紙会社、革は革会社、木箱は木箱職人、真鍮金具はブロンズ職人、プリント紙は印刷職人に相談し、厳選する。選択の決め手は、第一に質(それがなければ話にならない)、そして、どこで誰から購入するのかも、重要な鍵になる。他より高くても、より上質のものを迷わず選ぶ。丁寧な良い仕事が光る人、基本精神に共感を持てる誠実な人たちが作った上質材料を使いたい。そういう意気込みと誠意は、自然と作品に表れ、分かる人には必ず伝わると思うからだ。

agk3

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

TRUNK SHOW

大阪出張

11月に仕事で大阪に行く。いずれ詳しい情報を報告する。パートナーは初めての日本訪問、私は8年ぶりの帰国だ。故郷東京は随分変わったことだろう。大阪の後、母と京都で合流し、その後東京に数日滞在する。若い頃に茶道を習っていた母は、京都にとても詳しい。その影響か、私も昔から京都が好きだ。日本にいた頃は、東京から日帰りしたり、京都市内の友人宅に泊めてもらったりして、よく京都を訪れた。とりわけ、大徳寺の高桐院と瑞峯院は、毎回必ず訪れる思い出多き場所だ。仕事の後の休暇を心の励みに、毎日頑張っている最近の自分に、まるでイタリア人のようだと苦笑する。遊ぶこと、楽しいことを考えると、人間は不思議なくらい元気が出るものだ。

agk9e

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

BORGO SAN FREDIANO 2

ニューヨークよりもクールな地区サン・フレディアーノ2

サン・フレディアーノ通りの名の通り、この通り沿いにサン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会(通称チェステッロ)がある。典型的ネオクラシック建築の、すらりとした佇まいが大変美しい教会で、ファサードとクーポラがアルノ川の水面に映る四季折々の姿に詩情があり、ルネサンス様式の建造物に囲まれて異色の光を放っている。淡いグリーンとアイヴォリーを基調とした軽快な典型的ネオクラシックの内部装飾もまた他とは違って美しい。自分たちの工房がこの通りにあることから、創業以来、守護神的な特別な存在に思ってきた。以前から「フレディアーノ」という聖人について気になっていたので調べたところ、アイルランド出身、6世紀後半(西暦566~588年)にトスカーナの町ルッカの司教を務め、後に聖人となった人で、ルッカ市の守護聖人だと知った(フィレンツェの守護聖人はジョヴァンニ、ヴェネツィアはマルコ、ミラノはアンブロージョ)。「フレディアーノ」の語源をたどると「平和をもたらす人」「平和を守る人」という意味だそうだ。何と素晴らしい言葉だろう。この地区への愛着がより一層増す。

bsf4

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

BORGO SAN FREDIANO 1

ニューヨークよりもクールな地区サン・フレディアーノ1

「世界一クールな地区はニューヨークではなく、フィレンツェのサン・フレディアーノ」というタイトルの記事が有名紙に出て最近話題になった。一方、市行政からは、サン・フレディアーノ地区の魅力と可能性をあまり認識されていない。良い変化をもたらす機会になってほしい。唯一気になったのは、クールな場所として挙がるのは、飲食店(深夜営業の飲み屋、バール、レストラン)だけ。地区の魅力というのは、地域住民の日常であったり、ふれあいであったり、日中の活気にも由来すると、私は思う。その健全な活気を生みだすのは、商店、工房、会社、学校などと、そこで地に足を付けて働く人たちであることを、強調したい。日中閑散として深夜だけ賑やかな地区は住み心地が悪く、クールとは言えない。サン・フレディアーノは、フィレンツェの他の居住地区サント・スピリト、ポルタ・ロマーナ、サン・ニコロなどと同様に、近年、飲食店と観光宿泊アパートが激増し「食べて寝るだけの場所」に変貌しつつある。観光ベッドタウン化は、地域住民にとって地区砂漠化だ。だからこそ、日中働く商店と職人は皆、必死で頑張っている。そういう現実にも、誰か気が付いてほしいと思う。

sf4

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it

AMARANTO

アマラント

アトリエのシンボル・カラーに「アマラント」という深い濃紅色を選んだのには、単に私たちが好きな色というだけでなく、明確な理由がある。アマラントの語源は、ギリシア語で「不朽」「不変」を意味する「アマラントス」。自然界にも深紅の花を咲かせる同名の常緑植物が存在し、常緑であることからギリシア神話で「不死」「永遠」のシンボルとされる。「伝統を守りつつ、自分たちのアイデンティティを反映した新しいスタイルを開拓し、後世に受け継がれる質の高い芸術作品を残す」という私たちの信念に一致し、そのメッセージがこめられている。

agk18agk3agk9a

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it