BOOK CONSERVATION

書籍修復の話

本は古くなったら処分して新しく買い替える、修復にお金をかけるのはばかばかしい、と言う人が多い一方、数世紀前の稀少本や近代・現代のコレクター本など経済価値の高い書籍と、特別な愛着や思い出といった個人的価値のある本は、生涯大切にし次世代に継承するために修復を希望する人も多い。修復依頼の多い現代本で出版後50年に満たない書籍でも、特殊な画集、カタログ、専門書などは、価格を調べると驚く程高価で、数千ユーロする本も意外と多く、千ユーロ以内の修復費なら出すと言う依頼者の気持ちを理解する。

DSC08166

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

Advertisements

BOOK COLLECTION

書籍コレクションの話

競売で高額記録を更新して売却された美術品の話題を、新聞やラジオで時々見聞きする。仕事柄、書籍と紙作品については特に関心がある。2年前のことだが、競売の新聞広告で、ダーウィン著『種の起源』1859年初版に目が留まった。売却価格125110ユーロ。15世紀の羊皮紙張りインクナブロではなく、19世紀の布張り本である。本という、絵画より地味な文化的芸術作品に大金を費やす人が今もいる、という事実に、大袈裟だが、人類の未来に希望の光を感じた。が、そういう富豪はおそらく、城も飛行機も高級車も宝石も何でも持っているに違いない。

P1010700

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

VISITORS

総革ファイルの依頼者

仕事の都合でフィレンツェから英国に移転した2人が、先日ふらりとアトリエにやってきた。一緒に昼食をとり、楽しい時間を過ごした。海外に移っても私たちのことを思い出してもらえるのは嬉しい。イタリア人の彼女は英国の生活も楽しんでいる様子だが、英国人の彼は、仕事の契約期間が終わったら一刻も早くイタリアに戻りたいそうだ。フィレンツェ在住の欧州出身者と話をすると、皆口を揃えて「フィレンツェにいる時は、無秩序や日常の数多い問題にうんざりしてイタリアはこりごりだと思うのに、故郷に帰って1週間もするとフィレンツェが恋しくなり飛んで帰りたくなる」と言う。出身国と文化が違っても、外国人同士考えることに共通点は多い。

DSC06440

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

総革ファイルのオーダーメイドの補足2

仔牛革、マーブル紙、紙、厚紙、真鍮金具、金箔、糸に加え、見えない部分に、製本用布、修復用裏打ち布、和紙を使用していることに注目してほしい。見えない部分に手間と材料を加えることで、耐久性をより高める。今すぐ結果は出ない。長い目で見た時、著しい差が出る。更に、革の艶出し、縁取り仕上げ、活版活字の箔押しにもこだわっている。革作品で仕上げ2工程を省くと、緊張感がなく未完成な印象になる。3文字以上の活版活字箔押しでは、単に文字だけ並べるとバランスが悪く雑な印象になるため、文字間隔を微妙に調整している。HIMNとCGOQとFLPTとAVWでは挿入間隔を変えて、視覚的に均整のとれた美しい仕上がりになるようにしている。細部にこそ、職人の水準と人間性が顕著に顕れると思う。消費社会にあっても、丁寧に優れた作品を創り続ければ、必ず理解者はいると信じている。

DSC06452DSC06378DSC06447DSC06455

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

BESPOKE A4 DOCUMENTS HOLDER, ordered from U.K.

Materials: vegetable tanned Tuscan calfskin, hand-marbled paper,

brass accessories, gold foil, thread, canvas, fabric, Japanese paper,

acid-free paper and cardboard produced in Italy.

Blind tooling and Gold lettering in Gutenberg Movable Type system.

Completed object. Details.

総革ファイルのオーダーメイド

材料:トスカーナ産仔牛革、手染めマーブル紙、真鍮金具、金箔、

糸、製本用布、修復用裏打ち布、和紙、イタリア製中性紙と厚紙。

エンボス加工および活版活字箔押し加工。

完成品。

DSC06453DSC06445DSC06442DSC06451

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

BESPOKE A4 DOCUMENTS HOLDER, ordered from U.K.

Materials: vegetable tanned Tuscan calfskin, hand-marbled paper,

brass accessories, gold foil, thread, canvas, fabric, Japanese paper,

acid-free paper and cardboard produced in Italy.

Blind tooling and Gold lettering in Gutenberg Movable Type system.

Completed object.

総革ファイルのオーダーメイド

材料:トスカーナ産仔牛革、手染めマーブル紙、真鍮金具、金箔、

糸、製本用布、修復用裏打ち布、和紙、イタリア製中性紙と厚紙。

エンボス加工および活版活字箔押し加工。

完成品。

DSC06440DSC06438DSC06439DSC06443

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

総革ファイルのオーダーメイドの補足1

研究機関に勤務する奥様に贈る総革ファイルの依頼。勤務先は机が小さく不便な環境なので、左側に書類を収納し、右側で文章を書いたり署名ができ、仕事が終わったらすぐに鞄にしまえる、書類ケースと書斎パッドの両機能を果たすファイル、というリクエスト。市販のファイルは右ポケットのものが多いが、ポケットとペン差しを左に設置するのは、右利き使用者にとって理にかない機転が利いている。革とマーブル紙の選択、ポケットの形と厚さ、ペン差しの太さと位置、ボタンの数と位置、イニシアル金箔押しなど、細部まで綿密に話し合って決めた。彼女がいつも持ち歩く書類量と長年愛用のボールペンにジャストフィットするよう依頼者に採寸してもらったり、制作過程のエピソードを思い出す。

DSC06444

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

BESPOKE A4 DOCUMENTS HOLDER, ordered from U.K.

Materials: vegetable tanned Tuscan calfskin, hand-marbled paper,

brass accessories, gold foil, thread, canvas, fabric, Japanese paper,

acid-free paper and cardboard produced in Italy.

Blind tooling and Gold lettering in Gutenberg Movable Type System.

Creation process II.

総革ファイルのオーダーメイド

材料:トスカーナ産仔牛革、手染めマーブル紙、真鍮金具、金箔

糸、製本用布、修復用裏打ち布、和紙、イタリア製中性紙と厚紙。

エンボス加工および活版活字箔押し加工。

作業工程2。

DSC06381DSC06415DSC06430DSC06435

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

RECENT WORK

BESPOKE A4 DOCUMENTS HOLDER, ordered from U.K.

Materials: vegetable tanned Tuscan calfskin, hand-marbled paper,

brass accessories, gold foil, thread, canvas, fabric, Japanese paper,

acid-free paper and cardboard produced in Italy.

Blind tooling and Gold lettering in Gutenberg Movable Type System.

Creation process I.

総革ファイルのオーダーメイド

材料:トスカーナ産仔牛革、手染めマーブル紙、真鍮金具、金箔

糸、製本用布、修復用裏打ち布、和紙、イタリア製中性紙と厚紙。

エンボス加工および活版活字箔押し加工。

作業工程1。

DSC06300DSC06370DSC06371DSC06374

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

DIVERSITY

違うことの大切さ

雑誌撮影の少し前に同じ記者から取材を受けた際「西暦2018年に未だに日本人の私を見て、中国人がいる、中国人の店だと眉をひそめるイタリア人があまりに多く(発音から南伊、北伊の地方出身者と分かり、彼らもフィレンツェに出稼ぎに来ている一種の移民だと言いたい)、人種差別の根強さ、合法移民への風当たりの強さ、この国で外国人が会社経営をする大変さを痛感する。フィレンツェ出身の共同経営者がいながら、東洋人の私の存在が大きな障害になる。だから私は、常に世界を見て仕事をする」と話した。記者は米国人、私の気持ちが分かるのだろう、それが伏線となってか、経営者ふたり一緒の写真を沢山撮ったのに、記事にはパートナーと話す私の写真が載ったので驚いた。イタリア人ばかりの中に日本人の顔が登場すると目立つ。私が高校時代を過ごした米国では、常に人と違うことをしなさい、人と違うことは素晴らしい、と家庭でも学校でも教育されたことを思い出した。フィレンツェ職人界は閉鎖的で他と違うと煙たがられるので、仕事で能力を発揮すべき場面以外では極力目立たずに世渡りすることが身についてしまった私は、違うことの大切さを省みた。

P1010616

ATELIERGK FIRENZE

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

https://www.facebook.com/ateliergkfirenze/

http://www.ateliergk.it