Month: August 2016

PRINTED PAPER

3. Cenni tecnici – disegni

Ci sono numerose variazioni.

プリント紙3・模様

多種の模様の中から、いくつか紹介する。

monastico 中世様式

va1

festone rinascimentale ルネサンス様式

va2

stile Remondini 17・18世紀レモンディーニ

va4va6

floreale fiorentino ottocentesco 19世紀フィレンツェ唐草模様

va11

stile Liberty アールヌヴォー

va7va8

stile Art deco アールデコ

va10

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

Advertisements

PRINTED PAPER

2. Cenni tecnici – stampa e carta

Le nostre carte decorate sono realizzate a stampa “off-set”.

Un passaggio per ogni colore, fino a 5 colori, in più oro che è polvere di bronzo.

Carta a pH neutro, grammatura ideale per legatoria, in colore paglia,

studiata e creata appositamente per questa tipografia da una delle più grandi

cartiere italiane, per ottenere un risultato di stampa migliore.

プリント紙2・印刷と紙

アトリエが使用しているプリント紙は、1901年創業フィレンツェ最古のグラフィック会社に注文して刷らせている。昔ながらのオフセット印刷で丁寧に刷られた上質のプリント紙だ。オフセット印刷は、1色ずつ刷りを重ね、最大で5色と金色(ブロンズ粉末)の6色刷り、つまり6工程を要する。現在主流のデジタル印刷とは比較にならぬ手間がかかる。紙は、イタリアの大手製紙会社がこのグラフィック会社のために特別に考案した市場に流通していない貴重なものだ。製本作業に理想的な厚さと弾力の上質紙、インクが最も美しく発色されるように調整された黄色味がかった色調が特徴。

va19

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

PRINTED PAPER

1. Cenni storici

Erroneamente detta “Carta Fiorentina”.

L’origine della xilografia risale in Cina nel XI secolo,

gradualmente arriva verso l’occidente fino all’Europa.

Le nostre carte stampate sono realizzate da una delle più antiche tipografie

di Firenze fondata nel 1901.

I motivi sono ispirati dalle carte “Remondini” dal XVII al XIX secolo.

プリント紙1・歴史

プリント紙もフィレンツェ紙と呼ぶのは誤りだ。中国で西暦1000年頃、北宋時代に木版印刷技術が発明され、日本へ伝来し、西方にも時間をかけて欧州まで波及した長い歴史がある。イタリアでの特記事項は、17世紀半ばから19世紀半ばにヴェネツィアを中心に繁栄した「レモンディーニ社」の存在。レモンディーニなくしてイタリアの装飾紙の歴史は語れない。当時のヴェネツィアは、ヴァチカンから言論規制が及んだ他の都市よりも出版の自由があったため印刷業が発展し、印刷物の製本に使用される装飾紙の需要があった。リヨンの豪商でミラノ駐在フランス領事も務めた著名な書籍コレクター、ジャン・グロリエのお抱えだったアルド・マヌツィオもヴェネツィアの出版業者で、グロリエ好みの製本装飾用刻印を数多くデザインした。レモンディーニ衰退後は、ヴェネツィア、バッサーノ、ヴァレーゼの北伊3地域に分家する。現在も稀に、レモンディーニ風模様の印刷紙を「ヴァレーゼ紙」と呼ぶことがある。

re1re4re8re2re6re5re3re7

foto: “Carte decorate nella legatoria del ‘700”.

写真:『1700年代の製本における装飾紙』より。

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

HAND-MARBLED PAPER

8. Epilogue

Come tutte le arti, pittura, architettura, ecc.,

anche la carta marmorizzata subisce i cambiamenti di stile in ogni epoca,

variando colori, disegni e materiali.

Per questo motivo, sia nella legatura che nel restauro,

il disegno e il colore della carta devono rispecchiare l’epoca e il contenuto del libro.

マーブル紙8・エピローグ続き

芸術全般において各時代の様式があるように、建築、絵画はもとより美術製本やマーブル紙にも、歴史の変遷と時代ごとの特色がある。製本と書籍修復で使用するマーブル紙を選択する際、出版年、地域(国、都市)、内容に適した柄と色を提案するのも、プロの製本作家の重要な役割と考えている。また、マーブル紙は作者によって材料と製法が異なる。金額だけに固執せず、質に関する細かい点にも注目していただけると、製作者として嬉しい。

16doppio

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

HAND-MARBLED PAPER

7. Epilogue

La marmorizzazione della carta non è solo una tradizione fiorentina,

ma è un patrimonio di una buona parte del mondo,

partendo dalla Cina, al Giappone, alla Turchia e in tutta Europa.

マーブル紙7・エピローグ

マーブル紙をフィレンツェ紙と呼ぶのは誤りだと冒頭で述べた。マーブル技法は、製紙法が発明された中国で考案され、日本には遣隋使、遣唐使によりもたらされた。「墨流し」と呼ばれ平安時代の作品に見られる。西方へは、商人によりトルコまで伝達し「エブル」という独自のスタイルで開花する。欧州へは、15世紀のオスマントルコ勢力拡張期に波及した。フィレンツェ紙という名称は、高度経済成長期に観光業と輸出業を中心に、言葉の響きと町のイメージから世界市場への宣伝効果を狙って呼ばれた名残だ。実際には今もイタリア全国、欧州全土、世界中で行われている。欧州では、美術製本の伝統が残っている英国、フランス、スイスにマーブル職人がより多く存在し、フィレンツェ観光土産としてのマーブル紙というイタリアでの認識とは明確に異なる。

12pettine

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

HAND-MARBLED PAPER

6. Cenni tecnici – materiali e tecnica

Le nostre carte marmorizzate sono realizzate a mano su carta a pH neutro,

secondo tecnica antica, tramite bollitura di alghe,

con pigmenti naturali senza additivi chimici.

Ogni foglio di carta è un pezzo unico.

マーブル紙6・材料と技術

油彩絵具を使用したマーブル紙を多く見かける。油性マーブルは、温度湿度の影響を受けない、薄めた絵具でも濃い色が出る、油性のため水に浮く、揮発性が高く速乾する、などの特徴がある。アトリエでは質を重視し、また人体や環境への配慮から、油彩絵具や化学薬品を使用せず、5世紀半前と同じ伝統製法を守っている。伝統製法とは、海藻を煮出したゼラチン質の液体を水槽にはり、水性絵具と蒸留水を調合した液を水面に落とし、紙に模様を吸い取る作業を繰り返す。準備から乾燥まで時間がかかり、適温適湿と熟練を要する。一枚一枚が一点もので同じ物は二度とできないが、一つの作品に数枚必要な場合、より均一に仕上げることが求められる。紙にもこだわり、マーブル専用に厳選した上質紙を使用している。紙の質に注意を払う人は少ないが、美術製本、オブジェ制作、美術品修復では、今後数世紀の保存に耐えるかどうかの重要な要素となる。

21piuma

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

HAND-MARBLED PAPER

4. Cenni storici – Firenze

Il nome “Carta Fiorentina” deriva da due fattori.

Il primo è che durante la Seconda Guerra Mondiale venivano utilizzate

al posto della pelle, che era più costosa e difficile da trovare.

Il secondo è che nel dopo Guerra e nel periodo successivo,

con lo sviluppo economico dato dal turismo e dall’esportazione, si stabilisce a Firenze.

Il nome “Carta Fiorentina” venne utilizzato dai commercianti fiorentini

per una più facile identificazione legata all’immagine della Città di Firenze.

マーブル紙4・フィレンツェの歴史

マーブル紙がフィレンツェ紙と誤称されるようになった要因に二点挙げられる。第一に、第二次世界大戦中、上質革の価格が高騰し、やがて入手困難になった。フィレンツェ最古の製本業4代目ジュリオ・ジャンニーニ(ラポ・ジャンニーニの祖父)は、表紙全体を紙で作ることを始める。当時は背や角だけは必ず革を使用するのが常識だったため、総紙本は苦肉の策ながら画期的だった。また、手染めマーブル紙は本来なら印刷紙より手間がかかるため高価だが、戦争中には全行程を手作業で行うのが最も経済的だったため、マーブル紙が主流になり、戦後もしばらく続いた。第二に、高度経済成長期にフィレンツェでは観光業と輸出業が発展し、工芸品の需要があった。商人が土産物店を営んだり、国際展示会に参加する際、名前の響きと街のイメージから、観光客や世界市場への宣伝効果を狙って、マーブル紙ではなくフィレンツェ紙と呼んだことに由来する。

mm1

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/

HAND-MARBLED PAPER

3. Cenni storici – Europa

Le carte marmorizzate arrivano in Europa nel XV – XVI secolo,

durante l’espansione dell’Impero Ottomano dal 1453 al 1566,

dopo la conquista Ottomana di Costantinopoli nel 1453.

https://www.youtube.com/watch?v=Vyga8VMWXKg

マーブル紙3・ヨーロッパの歴史

最終的に欧州にマーブル技法が伝わるのは15~16世紀。1453年コンスタンティノープル陥落以降、オスマントルコ帝国の勢力拡張期にトルコから欧州全土に波及する。欧州では、出版・印刷業が盛んだった諸都市で特に製本の需要があり、それに使用するマーブル紙も珍重された。ビデオは英国で制作された古い映像だが、今日見慣れたやや不揃いなマーブルと違い、寸分のくるいもない均一さに英国らしさを感じる。マーブル職人だからこそ、これだけのスペースを確保し機材を整えられたのだろうが、現在の需要量を考えると、製本作家や書籍修復家が本職の傍らここまでするのは無理だろう。

https://www.youtube.com/watch?v=Vyga8VMWXKg

ATELIER GIANNINI & KUWATA

http://www.ateliergk.it

https://www.instagram.com/ateliergk_firenze/